2018年3月1日

海外研修の第1弾としてアメリカで社員研修実施テキサスのトヨタ自動車北米新本社などを訪問

石田大成社は、海外研修制度の第 1 弾として 2 月 18 日から 6 泊 7 日の日程で、米国での社員研修を実施しました。喜田社長を団長とする一行 35 人は、テキサス州プレイノ市にあるメーンクライアントのトヨタ自動車北米新本社などを訪問、マニュアル編集や米国流の営業活動などを現地で学びました。
海外研修制度は人材育成の一環で、若手社員にグローバルな視点を身につけてもらう狙い。一行は 2 月 18 日に成田を出発、テキサス州ではトヨタ自動車北米新本社のほか、新たに開設した子会社 ITU テキサスオフィス訪問や自動車ショーを見学しました。また、21 日からはロスアンゼルスで ITU 本社訪問の後、サンタモニカやハリウッドなどの観光地を巡り、アメリカの歴史や文化にも親しみました。
海外研修の第2弾として、5 月 7 日から 5 泊 6 日の日程で、社員 23 人が参加してタイでの研修を実施する予定です。