ITP未来研究所顧問に石田京大大学院教授が就任 | 株式会社 石田大成社

ニュース

ITP未来研究所顧問に石田京大大学院教授が就任

 AIやITなどの先端技術を使った株式会社石田大成社の今後のビジネスモデルを探るITP未来研究所(所長・喜田眞司社長)の技術顧問にこのほど、石田亨・京都大学大学院教授(情報学研究科社会情報学専攻)が就任しました。
 石田教授は1976 年、京大工学部情報工学科卒。1978 年同大学院修士課程修了後に日本電信電話公社(現NTT)電気通信研究所勤務を経て、1993 年から現職。専門領域は人工知能、マルチエージェントシステム、フィールド情報学。
 石田大成社ではAIなどの先端技術を応用した5年後、10年後のビジネスモデルを模索するため、16人のコアメンバーが今後月1回のペースで、石田教授を招いて見学会や研究会、意見交換会を開催する予定です。