コマーシャルプリンティングラボ東京⼯場⾒学会および発⾜ 披露パーティーを開催しました | 株式会社 石田大成社

ニュース

コマーシャルプリンティングラボ東京⼯場⾒学会および発⾜ 披露パーティーを開催しました

◎⾒学会では最新鋭の印刷技術とマネジメントシステムをご紹介

⾒学会は、毎分2154ページという⾼速印刷を 実現する、多品種・⼩ロットかつ⼤量ページの印刷に最適なインクジェット⽅式連帳プリンター「Oce ImageStream 2400」のご紹介からスタート。データ⼊稿から印刷までをスムーズに⾏うオートオペレーションの説明などを通し、最新 鋭のデジタル印刷機の魅⼒をご理解いただきました。
その後、従来のオフセット印刷機「HEIDELBERG CX102-4 DryStar UV LED」を特殊印刷の成果物とともにご案内し、最後はもう⼀台のデジタル印刷機「Canon imagePRESS C10000VP」へ。紙の種類や厚さあるいはメディアを限定せず、冊⼦やチラシ、ショップカードなど多 種多様な印刷が可能であるという当機の特⻑を、実際の成果物とともにご紹介しました。
⽯⽥⼤成社の強みであ るコンテンツ制作から、印刷、製本までを⼀気通貫で⾏えるマネジメントシステムをご紹介させていただいた今回の⼯ 場⾒学は、お客さまより「⾃社の今後の販促物について具体的にイメージできた」といったお声をいただき好評に終わ りました。

◎発⾜披露パーティーではたくさんの⽅にご祝福いただきました

⾒学会終了後、ホテルイースト21にて、新会社発⾜披露パーティーを開催。⽯⽥⼤成社代表取締役社⻑の阿部⼄彦の挨拶では、「キヤノンが扱うオセ機は 圧倒的な技術を持っています。今後、我々のコンテンツ制作⼒を含めた総合的なソリューションを⽇本の市場でお客 さまに提供していきたい」と⼼意気を語りました。 また、コマーシャルプリンティングラボ代表取締役社⻑である栁沼博様は、「印刷業界の変⾰の最中、ビジネスの成⻑につながる効率的な印刷物の⽣産やコンテンツのご提案が望まれて いることを感じており、そのご要望にお応えしていきます」と新会社設⽴の意義と今後の意気込みを語るとともに、ご参加いただいたお客さまに感謝の意を述べました。今回、東京⼯場⾒学会および発⾜披露パーティーでは、ビジネス モデルを変⾰・拡⼤していく新たな時代に向けて、たくさんのお客さまに幅広い可能性を感じていただくことができました。今後のコマーシャルプリンティングラボにどうぞご期待ください。